引き出物に入れる縁起物は何にする?その意味を知っておきましょう**

引き出物に入れる縁起物は何にする?その意味を知っておきましょう**

引き出物の品数が偶数の数だと割り切れてしまうことから縁起が悪いとされ、入れるようになったのが縁起物です*今ではゲストに贈る引き出物は引き出物(メインの記念品など)、引菓子、縁起物というようにアイテムを分けるのが定番です*そんな縁起物を選ぶならどんな物が良いでしょうか?


縁起物って?

その名の通り【縁起が良い】とされる物のことです。結婚式に来てくれた大切なゲストへ良いことがありますように…♡という願いを込めて縁起物を贈ります*日本人らしい心遣いですよね!!

結婚式の引き出物には縁起物が絶対に必要な物というわけではありません。でも縁起物がないとゲストからはケチったと思われてしまうことも。。。そんなことがないように縁起物を入れない場合はメインの引き出物や引菓子のグレードを上げるなど工夫をして準備をしてみましょう☆*

縁起物は何が良い?

定番かつ代表的な縁起物をご紹介させていただきます**カタログなどでも見たことがある花嫁さんもいますよね。

*かつお節**

切り口が松の木の年輪に似ていることから【松魚節】という別名があります。かつお節は鰹の身を真ん中で切り分けて作られ、切り分けた身の背中側を【雄節(おぶし)】、お腹側を【雌節(めぶし)】といいます。この二つがピッタリと合う姿から夫婦円満の象徴とされるようになりました。またかつお節は【鰹夫婦節】と字をあてることもでき、これから夫婦となるおふたりを祝うにふさわしい縁起物です♡♡

*梅干し**

【梅干一粒医者いらず】という言葉もあるほど古くから健康の源とされています。また、梅の花はどの花よりも早く春を告げる花なので、そのたくましい生命力にあやかって長寿祈願の縁起物とされているんですよ**「シワができるまで夫婦が共に歩んでいけるように」との意味もあります◎

*昆布**

もともとは【広布(ひろめ)】と呼ばれていて、お披露目という言葉の由来にもなっています。そのことから縁起の良い席では昆布を贈る文化が大切にされてきました。【こんぶ】という読み方と【よろこぶ】をかけて、お祝い事に欠かせない物になっているんですよ◎

*うどん**

うどんは他の麺と比べて長くて太いことから古くより長寿を祈る縁起物として食べられてきました。また結婚式では、夫婦の絆を長く太いものに♡という願いを込めて贈られるように…**

*赤飯**

古くから赤色には福をもたらす力があると考えられていて、赤いお米を神様にお供えをして邪気を払う厄除けの意味がありました。そこから赤い色のご飯=赤飯が開運に、そして縁起が良い食べ物として広まるようになったそうですよ◎

*紅茶**

紅茶も赤飯と同じく赤色が幸運を呼び込むラッキーカラーとされ、縁起物として選ばれる人気のアイテムです。紅茶を【幸茶】とも表記して、幸せのおすそ分けという思いが込められているんです◎

かつお節などの縁起物は値段も手頃なので選ばれることも多いですが、実際のところ一人暮らしの男性がかつお節や昆布をもらってもなかなか使ってもらえないコトも。。。そういうことから最近では、今回挙げた縁起物にこだわらずに実用的な物や贈ったゲスト喜ばれる物を引き出物として選ぶ新郎新婦さんもいます◎

ただし、年配の親族や何度も結婚式に列席している会社の上司からは縁起物がないと節約したのかな?なんて思われてしまいます。。。ゲストとの関係に合わせて縁起物を入れるか入れないか考えて準備をしてみてくださいね♪*


この記事のeditor

現役プランナーやドレスショップ店員・カメラマンなど
ウエディングのプロが可愛い花嫁さんのための情報を発信します!

関連する投稿


【令和元年に結婚式を挙げたい人挙手!】知らないと損!?結婚式と増税のハナシ**

【令和元年に結婚式を挙げたい人挙手!】知らないと損!?結婚式と増税のハナシ**

いよいよ「令和」の時代へ…今年の2019年ですが、年号以外に、もうひとつ忘れてはいけないことが…!それが令和元年10月に行われる予定の「消費税の増税」たった2%!?という方もいるかもしれませんが、金額の大きい買い物となる*ウェディング*では、負担は小さいものではありません…。


せっかく用意するならとびきりお洒落なものを♪紙の色別〈くるくる席次表〉のデザイン集◎

せっかく用意するならとびきりお洒落なものを♪紙の色別〈くるくる席次表〉のデザイン集◎

席次表はゲストの座席案内だけでなく、一人ずつ紹介することができないゲストの紹介も兼ねた結婚式には欠かせないペーパーアイテム。さらに、席次と一緒に新郎新婦さんのプロフィールなどを記載したりして、披露宴の開始前やお色直しの待ち時間を楽しんでいただくアイテムでもあるんです♪ 席次表のデザインは席札と揃えるなど、結婚式のテーマを加味して準備すれば会場の雰囲気がぐっと引き締まります。ドレスや装花だけでなく、席次表も新郎新婦さんのこだわりの見せ所♡


【WPPIって知ってる!?】世界で名高いフォトコンペで日本人フォトグラファーが入賞しました☆

【WPPIって知ってる!?】世界で名高いフォトコンペで日本人フォトグラファーが入賞しました☆

【WPPI】ってご存知ですか!?(正式名称WEDDING & PORTAIT PHOTOGRAPHERS INTERNATIONAL)この度レスターさんは、プレウェディング部門:Model Bride or Groom Alone Non-WeddingDayにて“GOLD”金賞を受賞されました☆おめでとうございます!


【スポーツカップルに注目☆】好きなスポーツをテーマにしてウェディングを盛り上げましょう♡

【スポーツカップルに注目☆】好きなスポーツをテーマにしてウェディングを盛り上げましょう♡

最近よく耳にする言葉「テーマウェディング」 そのテーマを「スポーツ」にして、ゲストと一緒に盛り上がる☆ 性別年齢関係なくみんなで楽しめるのが、「スポーツ」の持つパワー♡♡ そんな「スポーツ」をテーマにしたウェディングをご紹介します◎


\メインテーブルがもっと可愛くなる/チェアサインのデコレーションアイデア集*

\メインテーブルがもっと可愛くなる/チェアサインのデコレーションアイデア集*

披露宴で主役の新郎新婦が座る*メインテーブル*テーブル上を可愛く華やかに飾り付けするのは当たり前ですが、イスまでデコレーションをすればもっと可愛くなると思いませんか!?♡*チェアサイン*のアイデアをご紹介します♪


最新の投稿


どの角度から見てもかわいい♡♡高砂装花のコーディネート**

どの角度から見てもかわいい♡♡高砂装花のコーディネート**

ゲストの注目を浴びる高砂席*どんな装花にするか打ち合わせが楽しみな花嫁さんも多いハズ!!そんな高砂をお花やグリーンで溢れるぐらいステキな場所にしてみませんか?♡♡テーブルの上だけじゃなく足元までこだわったとっても華やかな高砂をご紹介させていただきます。


【ゲストに好評】2人の馴れ初めを楽しい演出で知ってもらおう♪*

【ゲストに好評】2人の馴れ初めを楽しい演出で知ってもらおう♪*

司会者に自分たちのプロフィールを読んでもらうのは定番ですが、どうせなら少し派手に演出して、楽しく自分たちの馴れ初めを知ってもらうのはいかがですか?♡司会者は面白おかしく紹介してくれるので、会場の雰囲気はそれだけでも充分盛り上がりますが、ゲストの方の印象に残したいのであれば一味違った演出方法でプロフィールを紹介すると良いですよ!


【令和元年に結婚式を挙げたい人挙手!】知らないと損!?結婚式と増税のハナシ**

【令和元年に結婚式を挙げたい人挙手!】知らないと損!?結婚式と増税のハナシ**

いよいよ「令和」の時代へ…今年の2019年ですが、年号以外に、もうひとつ忘れてはいけないことが…!それが令和元年10月に行われる予定の「消費税の増税」たった2%!?という方もいるかもしれませんが、金額の大きい買い物となる*ウェディング*では、負担は小さいものではありません…。


せっかく用意するならとびきりお洒落なものを♪紙の色別〈くるくる席次表〉のデザイン集◎

せっかく用意するならとびきりお洒落なものを♪紙の色別〈くるくる席次表〉のデザイン集◎

席次表はゲストの座席案内だけでなく、一人ずつ紹介することができないゲストの紹介も兼ねた結婚式には欠かせないペーパーアイテム。さらに、席次と一緒に新郎新婦さんのプロフィールなどを記載したりして、披露宴の開始前やお色直しの待ち時間を楽しんでいただくアイテムでもあるんです♪ 席次表のデザインは席札と揃えるなど、結婚式のテーマを加味して準備すれば会場の雰囲気がぐっと引き締まります。ドレスや装花だけでなく、席次表も新郎新婦さんのこだわりの見せ所♡


カラードレスはもう決まった?花柄ドレスで華やかさを演出しよう!♡

カラードレスはもう決まった?花柄ドレスで華やかさを演出しよう!♡

普段着ているスカートやワンピースにも花柄を加えることで一気に華やかに見せることができます。花柄は洋風に見せることもできますし、はたまた和風にも見せることができます。七変化のようにいろいろな顔を見せてくれるので、ウェディングドレスと合わせても豪華に、そして華やかに魅せることができますよ♡♡そこで、今回は花柄をメインとしたウェディングドレスをご紹介していきます。華やかなものからシックなものまでさまざまにご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!


Strawberry ranking


>>総合人気ランキング