【ゲスト向け】ご祝儀2万円ってどうなの!?ご祝儀を包む前にCheckしておきたいご祝儀マナー**

【ゲスト向け】ご祝儀2万円ってどうなの!?ご祝儀を包む前にCheckしておきたいご祝儀マナー**

結婚式のご祝儀といえば、『3万円』を包むというのが一般的というイメージがありますよね。ですが、ときどき『2万円』を包むゲストもいらっしゃるようです。ゲストの中には『ご祝儀を包むのに2万円って良いの?ダメなの?』と疑問に感じている人もいるのではないでしょうか。そこで今回の記事では『ご祝儀で2万円を包むとき』についてご紹介していきます**


ご祝儀で『2万円』包むのってどうなの??

結論から言うと、結婚式のご祝儀として2万円を包むということはダメではないようです*では、さっそく詳しくお伝えしていきますね♪*。

そもそもご祝儀には何が含まれているのかを考えてみる

一般的に結婚式のご祝儀の相場『3万円』と言われているのはご存知ですよね!!この『ご祝儀』には、つぎの項目が含まれているんです。
① 結婚披露宴などで出される『料理』など、結婚式でゲストをおもてなしするのにかかる費用

②新郎新婦へのお祝い

結婚式や披露宴では引き出物に約5,000円、料理や飲み物に約2万円かかると言われています。つまりゲスト1人に最低でも2万円はかかってくるということに。どうしてもご祝儀の相場でもある『3万円』を包むのが厳しいという場合は、せめて『①結婚披露宴などで出される『料理』など、結婚式でゲストをおもてなしするのにかかる費用』だけでもお返しするようにしましょう。

3万円包むのが厳しいときはどうしたらいいの?

さきほど、ご祝儀は『3万円』を包むのがベストとお伝えしましたが、ゲストの中にはどうしても3万円を包むのが厳しいという人もいることと思います。もちろん、2万円でも間違いではないものの、『マナー違反じゃないの?』と不安になる人もいますよね。一般的には『ご祝儀は3万円包むもの』というイメージが強いですが、『一部の場合に限っては2万円でもアリ』ということを覚えておくといいかもしれません**

とはいえ、『一部の場合に限って・・・ってどういうこと?』と疑問に感じる人もいるのではないでしょうか。この『一部の場合に限って・・・』に含まれるのは、次に当てはまるような人のことを指します。
・社会経験のない学生
・社会人1~2年目に人
・経済的に余裕がない人

上の場合に限っては『2万円』を包んでもOKとされています。
ですが、もし自分が結婚したときに相手からご祝儀で3万円を頂いているのであれば、こちら側もきちんと3万円を包むのが大人としてのマナーです。そのときの状況によっては3万円包むようにしてくださいね。

『偶数』って縁起が悪いんじゃないの??

『ご祝儀に包む金額は偶数じゃないほうが良い』『偶数は避けるのがマナー』と、聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

たしかにご祝儀の金額は、『偶数は避ける』ことがマナーでもあります。
というのも、『2で割り切れる数字】というのは『別れ』と連想させてしまうからなんです。最近では『2』という数字は『ペア』『夫婦』などプラスの意味で捉える人も増えてきており、そこまで縁起を気にする必要もなくなってきているようですよ。とはいえ、新郎新婦が縁起を気にする人かもしれないので注意するようにしましょう。

ご祝儀で『2万円』を包むときの方法

ご祝儀で2万円を包むときの方法は2パターンあります。

1万円札1枚+5千円札2枚を包むパターン

『縁起』を気にする場合は、こちらのパターンがおすすめ◎
あえて、1万円札2枚ではなく5千円札2枚にする理由は、『お札の数を奇数にする』ことによって縁起をかつぐという意味があるから。たしかに金額自体は偶数ですが、この包み方をすることによって新郎新婦への気遣いが感じられますよね。

1万円札2枚を包むパターン

シンプルに1万円札2枚を包むパターンも◎
多くのゲストは1万円札を包むので、5千円札が混ざることってほとんどないもの。もしかすると新郎新婦が見間違えてしまう可能性もあるかもしれません・・・。また、5千円札を2枚にして縁起を気にしたつもりが『1万円札がなかったのかな??』と思われてしまうこともあるかも・・・。相手によっては1万円札を2枚包んだほうが良いかもしれませんね。

ご祝儀は『2万円』でも間違いではない!!

以上、ご祝儀で2万円を包むときのケースについてご紹介してきました。一般的には3万円包むのがマナーともされていますが、一部の場合に限っては決して間違いではないということを知っていただけたと思います*
学生であったり、まだ社会人として経験が浅かったりする場合は『2万円』でもOK◎もし2万円を包むときは、縁起や包み方を気にして、新郎新婦への配慮をするようにしましょう。それでも『やっぱり申し訳ないな・・・』と思う場合は、結婚祝いを贈ったり、お食事に招待したりして、別の形で祝福してみてはいかがでしょうか♡♡どちらにせよ、『おめでとう』の気持ちが新郎新婦にきちんと伝わるといいですね♪*。



この記事のeditor

卒花エディター*経験者だから分かるプレ花嫁さんのお悩み解決のお手伝い!
節約術やDIYなど結婚式準備に関する情報配信をします。

関連するキーワード


結婚式 ご祝儀 money

関連する投稿


【文例あり】招待状に同封する“付箋”ってなに?付箋に使えるコメントをご紹介*

【文例あり】招待状に同封する“付箋”ってなに?付箋に使えるコメントをご紹介*

結婚式を開催するにあたって必要になってくる『招待状』。そんな招待状と一緒に同封する『付箋(ふせん)』はご存知ですか??結婚式を控えている花嫁さんの中には招待状や席次表などのペーパーアイテムと一緒に、『付箋』も自分たちで手作りする人もいるんだとか・・・!『付箋』を作るときは、誤字脱字はないかもちろん、言葉遣いにも気を付けることが大切*今回の記事では『付箋』に使える文例をご紹介♪*。DIYする人はぜひ参考にしてくださいね**


結婚式準備に備えて・・・♡『両親贈呈品』の基本をチェック!!

結婚式準備に備えて・・・♡『両親贈呈品』の基本をチェック!!

結婚式の準備を進めていくと、『ご両親への贈呈品はどうする?』『なにを贈る?』『そもそも用意する?』といった問題が出てきます。これまで何度か結婚式に出席したことのある人の中には、『たしかに結婚披露宴の終盤にご両親へなにか渡しているような・・・』と思い出している人もいるかもしれませんね。カップルさんの中には、そもそもどうして贈るのか、贈るとしてもどんなアイテムが良いのか、ちんぷんかんぷんになっているカップルさんも少なくはないはず。そこで今回の記事では『両親贈呈品の基本』と『おすすめのアイテム』についてご紹介していきます♪*。ぜひ結婚式準備の参考にしてくださいね**


結婚準備で親と話し合うべきこと*スムーズに準備を進めるコツ♡

結婚準備で親と話し合うべきこと*スムーズに準備を進めるコツ♡

結婚準備は、親や親戚とよく連絡を取り合うようになります* 顔合わせはいつにするか、式場の日取り、当日の準備など連絡事項は様々。 頻繁に連絡が来ると「こっちもバタバタしているのに」「今すぐ答えられない」というストレスに繋がる可能性も。 事前にどんなことを親に話しておくべきかが分かれば、準備ができますよね。 スムーズに結婚準備を進めるためにも、親と話し合っておくべきこと・伝えておくべきことをリスト化しておきましょう◎


定番アイテムのイニシャルオブジェ**オリジナルデザインが、♡♡かわいい♡♡

定番アイテムのイニシャルオブジェ**オリジナルデザインが、♡♡かわいい♡♡

「ウェルカムスペースをもっとかわいくしたい」「ウェルカムスペースをどう飾り付けしたら良いかわからない」と悩んでいるカップルも多いでしょう*ウェルカムスペースはゲストに待ってもらういわゆる歓談スペースのようなものです。待っている間でも気軽に楽しくワイワイと過ごしてもらうためにも、ウェルカムスペースをかわいらしくコーディネートしちゃいましょう♡そこで今回はウェルカムスペースに置くアイテムとして定番のイニシャルオブジェをご紹介します。おしゃれなデザインもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください**


コロナ感染防止対策にもなる!『ゲストカード』を使って受付での密集を防ごう**

コロナ感染防止対策にもなる!『ゲストカード』を使って受付での密集を防ごう**

なかなか収束が見えない新型コロナウイルスですが、感染防止対策をしっかりしたうえで結婚式を開催するカップルも多いようです。結婚式決行を行う場合は、式場側だけでなく新郎新婦自身もしっかりと感染防止対策を行い、ゲストが安心して結婚式に参加できるようにする必要があります。そこで今回の記事では、受付でできる感染防止対策の1つ『ゲストカード』を使った方法をご紹介していきます*ぜひ参考にしてくださいね♡



最新の投稿


万能デコレーション*【シーリングワックス】がやっぱりかわいい♡♡

万能デコレーション*【シーリングワックス】がやっぱりかわいい♡♡

ウェディングアイデアとして、主流になった【シーリングワックス】♡ なかなか手がかかることもあり、「かわいいけど…」と断念している花嫁さんも多いですよね。 でもやっぱりかわいい♡♡先輩花嫁さんたちのアイディアを見てモチベーションを上げてみませんか♪


【文例あり】招待状に同封する“付箋”ってなに?付箋に使えるコメントをご紹介*

【文例あり】招待状に同封する“付箋”ってなに?付箋に使えるコメントをご紹介*

結婚式を開催するにあたって必要になってくる『招待状』。そんな招待状と一緒に同封する『付箋(ふせん)』はご存知ですか??結婚式を控えている花嫁さんの中には招待状や席次表などのペーパーアイテムと一緒に、『付箋』も自分たちで手作りする人もいるんだとか・・・!『付箋』を作るときは、誤字脱字はないかもちろん、言葉遣いにも気を付けることが大切*今回の記事では『付箋』に使える文例をご紹介♪*。DIYする人はぜひ参考にしてくださいね**


新居に必要な家具家電!買うときに考えておきたいポイント*

新居に必要な家具家電!買うときに考えておきたいポイント*

新居に必要となってくる家具・家電* 買う楽しさもありますが、どんなものが良いか悩みますよね。 家具や家電は5年〜10年は使っていく物になるので、今後のことも考えながら買わないといけません◎ 特に気をつけておきたいのが住み替えるかもしれない賃貸物件に住む場合です◎ 住む場所が変わるかもしれない=必要になってくる家具が変わってきます* この記事では、そんな新居で悩む家具・家電を購入する際に気をつけておきたいポイントをご紹介します♫♫


結婚式準備に備えて・・・♡『両親贈呈品』の基本をチェック!!

結婚式準備に備えて・・・♡『両親贈呈品』の基本をチェック!!

結婚式の準備を進めていくと、『ご両親への贈呈品はどうする?』『なにを贈る?』『そもそも用意する?』といった問題が出てきます。これまで何度か結婚式に出席したことのある人の中には、『たしかに結婚披露宴の終盤にご両親へなにか渡しているような・・・』と思い出している人もいるかもしれませんね。カップルさんの中には、そもそもどうして贈るのか、贈るとしてもどんなアイテムが良いのか、ちんぷんかんぷんになっているカップルさんも少なくはないはず。そこで今回の記事では『両親贈呈品の基本』と『おすすめのアイテム』についてご紹介していきます♪*。ぜひ結婚式準備の参考にしてくださいね**


結婚準備で親と話し合うべきこと*スムーズに準備を進めるコツ♡

結婚準備で親と話し合うべきこと*スムーズに準備を進めるコツ♡

結婚準備は、親や親戚とよく連絡を取り合うようになります* 顔合わせはいつにするか、式場の日取り、当日の準備など連絡事項は様々。 頻繁に連絡が来ると「こっちもバタバタしているのに」「今すぐ答えられない」というストレスに繋がる可能性も。 事前にどんなことを親に話しておくべきかが分かれば、準備ができますよね。 スムーズに結婚準備を進めるためにも、親と話し合っておくべきこと・伝えておくべきことをリスト化しておきましょう◎


Strawberry ranking


>>総合人気ランキング