結婚式での両親による挨拶回りやお酌について*マナーや共有しておくべきこと!

結婚式での両親による挨拶回りやお酌について*マナーや共有しておくべきこと!

結婚式での挨拶回りは一般的に多くの方がしていて、これが当たり前になっていますよね。この挨拶回りは必ずしもしなければならないものではありませんが、最近は挨拶回りをすることがマナーという意識を持っているご両親が多いです。 挨拶回りをする場合に、一度は悩むのが挨拶回りのマナーや言葉がけ、お酌についてです。この記事では、挨拶回りでのマナーや振る舞いについてご紹介していきます*


挨拶回りの有無について

両家で確認を取り、話し合うこと

挨拶回りが必要かどうかを確認しましょう。
両家ともに必要ないということもあるかもしれません。また上司を呼ばず、親しい友人だけを招待する小さい結婚式であれば、挨拶回りをしない場合もあるようです。二人の意向も含め、よく話し合って決めましょう。

挨拶回りをしない場合に

挨拶回りをしない場合、新郎新婦さんで確認しておくべきことがあります。
それは受付やスピーチ、主賓や乾杯をしてくれた方々への挨拶も必要がないのか、ということです。挨拶回りをしない場合でも、主賓や乾杯だけには挨拶をする、何か役割をしてくれた人には挨拶をするなど、限定して挨拶回りをすることも多いようです。

挨拶回りのタイミングや順番について

挨拶回りのタイミング

タイミングや地域柄、会場によって対応が変わります。
食事中に立ち上がることがNGとなっていることもありますし、地域柄挨拶回りのタイミングが決まっていることもあります。タイミングはプランナーや当日のスタッフに確認するようにしましょう。
ほとんどの場合は、中座の時間や歓談中に回ることが多いです。またプランナーやスタッフから「挨拶回りにどうぞ」と指示が入ることが多いので、それに従うようにしましょう。

順番について

マナーとして気をつけたいのが、挨拶回りの順番です。
両親が2人で一緒に回るのが基本となります。自分側のゲストのみ挨拶をするのか、相手方のゲストの方にも挨拶に行くのかは事前に両家で話し合っておく必要があります。自分側のゲストから回るのが基本で、主賓→同僚や友人の順に回ります。相手方に挨拶をする場合も同じですが、最後に親族にも挨拶に行きましょう。ゲストの人数が多い場合や、挨拶に回る時間がない場合は、主賓のに挨拶をするなどして〈必ず挨拶に行く人〉を決めておくと良いでしょう。

お酌は必要??

挨拶回りはお酌とセットになっていることが多いですよね。
しかしこれもマナーではなく、ただ交流を深めるためにやっていることが多いです。またゲストによってはお酌を必要としない人もいるため、無理に勧めないようにしましょう。基本的にお酒は式場のスタッフがサーブするため、そこまで考える必要はありません。地域によって、「お酌は当たり前」としているところと「お酌は非常識」としているところもあるので、前もって両家で確認をしておくとトラブルがないでしょう。

挨拶の際の言葉がけ

挨拶回りの際の言葉がけはどうするのが良いのか悩む親御さんは多いはず。
事前に子どもからゲストとの関係性を聞いておき、席次表でも確認をしておくと良いでしょう。

上司への言葉がけ

「〇〇の父でございます。いつもお世話になっております。本日はご列席ありがとうございます。今後ともどうぞよろしくお願い致します。」

友人、同僚への言葉がけ

「〇〇の父です。今日は来てくれてありがとうございます。これからもよろしくお願いします。」

挨拶はシンプルでOKです*プラス一言付け加れば、より良いでしょう*

挨拶回りをどうするか悩んだときは・・・

親にとって初めての結婚式となると、挨拶回りについて分からないことが多いと思います。そんな時は、相談をしましょう。

・式場スタッフに相談する
・相手の両親に相談する
・子どもに相談する

式場スタッフは多くの親御さんを見てきていますし、一般的なマナーも心得ています。マナー違反になること、一般的な親御さんの動きについて相談すると良いでしょう。また、地域柄でマナーが異なる場合もあります。
両家でどのような挨拶回りをするのか確認しておくことも大切です。どちらも、ご両親が直接確認しても結構ですが、子どもに聞いてもOKです。また子どもにも誰に挨拶すべきなのか、どのような関係の人が来るのかを確認しておきましょう。顔なじみのあるゲストがいる場合、昔のエピソードを一つ用意しておくと、話が弾みますよ◎

おわりに*

挨拶回りは一般的に行うことが多いですが、必須ではありません。
また大人数の結婚式となると、全員回るのは難しくなります。誰に挨拶するのか、どのように挨拶していくのか、両親や両家でよく話し合っておきましょう*慣れないこともあると思いますが、スタッフもサポートしてくれるので、困ったときはすぐに聞いてくださいね。参考になれば幸いです・・・*

この記事のeditor

卒花さんだからこその記事が好評。入籍前~挙式後の事まで
全てのプレ花嫁さんに読んで頂きたいお役立ち情報を発信!

関連する投稿


大人の常識!!「結婚内祝い」の基本マナー&おすすめギフト♡♡

大人の常識!!「結婚内祝い」の基本マナー&おすすめギフト♡♡

二人の結婚のお祝いで結婚祝いを頂いたら、そのお礼として「結婚内祝い」をお返しするのが基本マナーです。ですが、「どんなものを贈ったらいいのかな?」「いつまでにお返しってしたらいいのかな?」と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。そこで今回の記事では結婚内祝いに関する基本的マナーやおすすめギフトをご紹介していきます♪*。ぜひ参考にしてみてくださいね!


ゲストに喜ばれる引き出物を贈りたい♡♡おすすめギフトをご紹介**

ゲストに喜ばれる引き出物を贈りたい♡♡おすすめギフトをご紹介**

新郎新婦さんの結婚式に駆けつけてくれたゲストに贈る引き出物。それぞれ好みや趣味などが違うので、どういったものを贈ったらいいか悩んでしまいますよね。ゲスト全員に喜んでもらえる引き出物を贈ることが難しいかもしれませんが、せっかくなら喜ばれるものを贈りたいと考えている人も多いはず!そこで今回の記事ではゲストに喜ばれるオススメの引き出物ギフトをご紹介していきます♪*。引き出物選びで難航中の人は、是非参考にしてみてください!


定番にこだわらなくてもOK◎ゲストの印象に残る演出って?♡*

定番にこだわらなくてもOK◎ゲストの印象に残る演出って?♡*

心を込めてゲストをおもてなししたい、ゲストの印象に残る結婚式にしたい、そんな思いが伝わる演出を取り入れたい新郎新婦さんはぜひ参考にしてみてください!


知っておきたい結婚内祝いの常識マナー♡結婚内祝いについてマルっと解説していきます

知っておきたい結婚内祝いの常識マナー♡結婚内祝いについてマルっと解説していきます

結婚や出産など、なにかしらお祝いの贈り物をされることってありますよね♪*。いただいたお祝いのお返しとして「内祝い」をお返しするのが基本マナーでもあります。そんな内祝いですが、どんなものをお返ししたらいいか悩んでいる人もいれば、マナーが分からないという人も多いのではないでしょうか。そこで今回の記事では内祝いの費用相場や時期などを解説していきます♡♡ぜひ参考にしてみてくださいね!!


冬婚花嫁さんのおもてなしは【二次会】でも大事◎準備しておきたいこと**

冬婚花嫁さんのおもてなしは【二次会】でも大事◎準備しておきたいこと**

結婚式だけでなく二次会までこだわるのができる花嫁さん♡♡冬の開催ならではのおもてなしポイントをまとめておきます◎



最新の投稿


素敵な写真を残したいなら!意識しておきたい写真写りを良くするポイント◇*

素敵な写真を残したいなら!意識しておきたい写真写りを良くするポイント◇*

結婚式当日は、思っているよりもいろんな角度から写真を撮られることが多いです。結婚式では美しい立ち振舞いで素敵な写真を残したいですよね!


プロポーズから入籍までの期間ってどのくらい?何かすることはある?

プロポーズから入籍までの期間ってどのくらい?何かすることはある?

プロポーズをされて結婚が決まったら、次は入籍するための準備に取り掛かります**結婚式の準備かと思いがちですが、まずは入籍するためにしなければいけない事をこなしていく必要があります。ここではプロポーズから入籍までにしなければいけない事や期間など細かく解説していきます♪*


結婚式費用の節約にも◎テーブルの装飾に生花以外に何を置く?**

結婚式費用の節約にも◎テーブルの装飾に生花以外に何を置く?**

結婚式費用の中でも会場装花は高いですよね。。。費用をかけた方が見た目にも華やかですが、予算には限りがあるものです。工夫次第で生花以外のアイテムで隙間を埋めると節約にもなって満足度も上がります*


結婚式におけるブライズメイドとは?**メリットやデメリットを知っておこう◇

結婚式におけるブライズメイドとは?**メリットやデメリットを知っておこう◇

結婚式においてブライズメイドは、花嫁さんをサポートするために選ばれた特別な役割がある女性のことをいいます。ブライズメイドには花嫁さんの親しい友人や家族が選ばれ、結婚式の準備や当日に花嫁さんを助けて支える役割があります。結婚式でブライズメイドをお願いしたいなと思っているならぜひ参考にしてみてください♪


ゲストのタイプ別に用意*引き出物の贈り分けでゲストに喜んでもらおう♡*

ゲストのタイプ別に用意*引き出物の贈り分けでゲストに喜んでもらおう♡*

最近では、結婚式の引出物や引菓子は、ゲストのタイプ別にアイテムを用意する新郎新婦さんがほとんどです*


Strawberry ranking


>>総合人気ランキング