円滑に準備を進めるために*結婚式で作っておくべきおすすめの指示書4つ!

円滑に準備を進めるために*結婚式で作っておくべきおすすめの指示書4つ!

新郎新婦の希望をスタッフに伝えるための書類、「指示書」をご存知でしょうか? 指示書作成はいくつかあり、この記事では「撮影指示書」「受付指示書」「装飾指示書」「ヘアメイク指示書」をそれぞれご紹介します♪


「指示書」をご存知でしょうか?
新郎新婦の希望をスタッフに伝えるための書類のことで、1番メジャーなのは「撮影指示書」です。
希望のポージングや好みの雰囲気をまとめた書類を指します*口頭で伝えるよりも分かりやすく、希望に近づけることができるので気持ちよく準備を進めることができます♡
スタッフ側も確認しやすくなっていたりとメリットはたくさん!指示書作成はいくつかあり、この記事では「撮影指示書」「受付指示書」「装飾指示書」「ヘアメイク指示書」をそれぞれご紹介します♪

希望のポージングを♡撮影指示書*

お気に入りのポーズで撮ってもらう撮影指示書*
用意する新郎新婦さんが多く、1番メジャーな指示書です。前撮りやフォトウエディングで活用される指示書で、内容は撮ってほしいポーズや構図を載せますイメージがつくように写真を貼る人が多いですよ。ただし撮影指示書は時間や天候によって撮れない構図もあるため、希望が通るのは何枚かだけということを頭に入れておきましょう。

友人に分かりやすく伝えよう♡受付指示書*

受付をしてくれる友人に作業を分かりやすくまとめた受付指示書*
作る人は少ないですが、あると嬉しい!と友人から高評価をもらえる指示書ですよ♡内容は受付のやり方や声のかけ方などの手引きとお車代を渡す人のチェックリストを記載します。当日受付を担当する人はスタッフから案内がありますが、初めての人であれば緊張して忘れてしまっていたり、不安に思う人も多いです。新郎新婦さんからの指示書があれば、すぐに確認できて大助かり♡心遣いも伝わるので、おすすめの指示書です◎

スタッフが困惑しないように♡装飾指示書*

持ち込みアイテムでスタッフに装飾をお願いする際に必要になる装飾指示書*
こちらはDIYする人にはぜひ作っておいてほしい指示書です。受付スペースで活用されることがほとんどですが、受付スペースに置くアイテムを当日装飾してくれるのは式場スタッフになるので、スタッフに分かりやすいように作る必要があります。指示書は細かく記載し、仕上がりの状態を写真で撮っておくのも良いでしょう。スタッフが困惑しないような指示書を作る必要があるため、何度も分かりやすい表現か確認することが大切です◎指示書があればスタッフの作業が円滑に進むため、持ち込みをする人は準備をしておきましょう。

自分の好みを伝えよう♡ヘアメイク指示書*

ヘアメイク指示書はマイナーな指示書ですが、こちらも用意しておくと「こんなはずじゃなかった!」を防ぐことができます◎ヘアメイクはある程度希望を伝えておかなければ、写真用に濃いメイクにされてしまうことが多く、ショックを受ける花嫁さんがたくさんいます。
そのためにも好みの雰囲気を伝えることはとても大切です。口頭で伝えるのが難しい人は写真だけでも良いですし、指示書を作って細かく記載してもOKです◎好みのメイクを探し出すのが難しい場合は、「ナチュラルめに」や「抜け感のある雰囲気」でも良いので好きな雰囲気を伝えるようにしましょう。普段使っている化粧品やメイクを記載するのもおすすめです♪

指示書を作る際の注意点*

文字より図がある方が良い

写真の構図や会場装飾は文字より図がある方が良いでしょう。
パッと見て分かるような指示書を目指し、細かい部分やこだわりたいポイントを文字で説明しましょう。

分かりやすいを意識する

上記と似ていますが、第3者が見るものなので分かりやすさが大切です。
文字をたくさん記載していたり、雰囲気が統一されていない指示書は困惑されがちです。一度指示書を作ったら、パートナーに見やすいかどうかを判断してもらうと良いでしょう。

全て希望通りになるわけではない

全て指示書通りになるわけではないことを知っておきましょう。
特に装飾や写真の構図など現場の状況に応じて変化することもあります。細かく指定をしていても、天候や設備によって対応できないこともあります。どうしても希望を通したい場合は、事前にきちんと相談してくことが大切です。事前の相談なしに指示書だけ渡して済ましてしまうと「こんなはずじゃなかった!」なんてことになることも。仕方がない部分を頭に入れておくだけでも気持ちよく進めることができますよ◎

おわりに*

いかがでしたでしょうか。
結婚式の準備において指示書はとても役に立つアイテムです。どの指示書も作っておくと非常に便利ですが、必ず全て作成する必要はありません。こだわりたい部分や伝えたいことだけを指示書にしておくと良いでしょう。また指示書を作成する場合は事前に一言伝えておくと式場スタッフもスムーズに対応してくれますよ◎参考になれば幸いです*

この記事のeditor

卒花さんだからこその記事が好評。入籍前~挙式後の事まで
全てのプレ花嫁さんに読んで頂きたいお役立ち情報を発信!

関連する投稿


忘れずに依頼したい【バックショット】撮影♡♡ポイントはタイミングです♪【前撮り編】

忘れずに依頼したい【バックショット】撮影♡♡ポイントはタイミングです♪【前撮り編】

SNSなどでもよく見かける【バックショット】のお写真♡♡ 事前にチェックしておかないと、理想の写真が撮れてない!なんてことになりますよ**


爽快で楽しい瞬間に*アイデア豊富な【ジャンプショット】を残そう*

爽快で楽しい瞬間に*アイデア豊富な【ジャンプショット】を残そう*

前撮りでは普段とは違う姿も撮ってほしいと思いますが、ちょっとお茶目なショットも残したい…そんな時は【ジャンプショット】を取り入れてみませんか?♡空に向かって大きくジャンプしたショットは、ロケーションフォトにとってもおすすめなんです◎今回は楽しそうな雰囲気と笑顔を残すことができるジャンプショットのご紹介です。


後悔なく結婚式の写真を残したい!カメラマンが見やすい〈撮影指示書〉を準備しよう♪

後悔なく結婚式の写真を残したい!カメラマンが見やすい〈撮影指示書〉を準備しよう♪

〈撮影指示書〉とは、カメラマンの人に「このアングルで写真を撮って欲しい!」というものを紙に書いてお願いするもの◎今回は、結婚式カメラマンにとってわかりやすい〈良い指示書〉とはどんなものかいくつかポイントを紹介します♪


【良い撮影指示書の作り方を解説!】カメラマンにお願いしたいショットの瞬間*

【良い撮影指示書の作り方を解説!】カメラマンにお願いしたいショットの瞬間*

最近は花嫁さんたちのあいだで、絶対につくるアイテムといえば『撮影指示書』♡撮影指示書とは、カメラマンの人に『こんな写真を撮ってほしい』『この瞬間を残してほしい』『この演出の時は、こんなアングルで撮って欲しい』というものをお願いしておくもの♪*撮影指示書を用意しておくことで、思い通りのステキな写真を残すことが出来ます♡*今回の記事では、『撮影指示書』の作り方を解説していきます!



最新の投稿


先輩花嫁のアイディアが素敵♡真似したくなるエスコートカードデザイン*

先輩花嫁のアイディアが素敵♡真似したくなるエスコートカードデザイン*

席次表代わりに使われるエスコートカード♡ ウェルカムスペースに置く演出として人気が高く、取り入れる新郎新婦が多いです*


引き出物選びに困ったら「カタログギフト」に♡人気の理由は??

引き出物選びに困ったら「カタログギフト」に♡人気の理由は??

結婚式の引き出物の定番といえば「カタログギフト」ですよね♪*。どうしてカタログギフトがこんなにも人気なのか知っていますか??今回の記事ではカタログギフトのメリットやデメリットなどをお伝えしていきます♪*。カタログギフトにもいろんな種類があるので引き出物でカタログギフトにしようと考えている人は、ぜひチェックしてくださいね♡♡


見るだけで楽しめる!SNSで見つけた個性的なウエディングケーキデザイン集♡♡

見るだけで楽しめる!SNSで見つけた個性的なウエディングケーキデザイン集♡♡

ウエディングケーキは新郎新婦の好みのデザインにすることができるので、2人らしさを出すことができるアイテムですよね。 トレンドを取り入れたり、季節感を取り入れたりとデザインは様々! その中でも今回は、SNSで見つけた個性的な見るだけで楽しめる素敵なウエディングケーキをご紹介します♫ テーマのあるウエディングケーキは、ゲストも盛り上がりますよ♫ イド・写真映え


*お菓子・ドリンク編* 500円以内で買える♡ゲストが大満足するプチギフト特集

*お菓子・ドリンク編* 500円以内で買える♡ゲストが大満足するプチギフト特集

「プチギフトってなにがいいのかな?」「どこで買ったらいいの?」とギモンに感じている人もいると思います。そこで今回の記事では500円以内で買えるオススメのプチギフトをご紹介していきます**結婚式でお渡しするプチギフトやちょっとした贈り物をしたいときにオススメのものばかりなので、ぜひ参考にしてくださいね♪


もう冬の季節♡Winter Weddingにぴったりな演出をご紹介**

もう冬の季節♡Winter Weddingにぴったりな演出をご紹介**

もうすぐ寒い冬がやってきますね**寒い季節に挙げる結婚式は少し敬遠されがちですが、冬にはクリスマスというビッグイベントが…♡♡そんな冬だからこそ出来る特別な演出もあるんですよ♡♡今回の記事では冬婚だからこそ取り入れてほしい演出をご紹介していきます。素敵な演出で新郎新婦だけじゃなくて、ゲストにも楽しんでもらいましょう**


Strawberry ranking


>>総合人気ランキング