釣書はまだ必要?イマドキの釣書の書き方とマナー*

釣書はまだ必要?イマドキの釣書の書き方とマナー*

釣書をご存知でしょうか?身上書とも言いますが、最近はあまり用意することは少なくなってきました。 基本的に縁談があったときに書くもので、これは言わばプロフィールのようなものです。 釣書の捉え方は様々で、必要とする家庭、必要としない家庭もあります。 お互いにすり合わせが大事になってくるので、釣書のマナーも知っておくと良いでしょう。 この記事では、釣書の書き方やマナーについてご紹介します*


釣書とは??

釣書はお見合いなどの縁談があった場合に、お互いを知るために書くプロフィールのようなものです。
相手のバックグラウンドが見えるため、信頼と安心感を持つことができますね。
内容には会ってもらえないこともあります。

釣書の捉え方は様々*

釣書を用意する家庭は少なくなってきましたが、地域によっては多い場合もあります。

縁談による結婚

縁談による結婚の場合に釣書を用意することが多いため、抵抗のある人は少ないです。
お互いに何も知らずに会うより、プロフィールを知ってから会う方が話しやすい、理解が深まるなどプラスの面が大きいです*

恋愛結婚

恋愛結婚の場合は基本的に必要ありません。
しかし、必要とする家庭もあります。
この場合は、必要とする家庭に合わせることが一般的ですが、恋愛結婚なのに釣書を用意するなんて不快だと感じる人もいます。
両家でのすり合わせが必要です。

釣書の正しい書き方*

用意するもの

用紙(上質紙か和紙の無地がおすすめ)
封筒(白無地)・・・封筒は釣書を入れる用と釣書を入れた封筒を入れる用の2枚を用意する必要があります。
筆ペン・・・ボールペンでもOKですが、筆ペンが好印象です*

手書きかPCか

上記で筆ペンと記していますが、最近は手軽さや字の見やすさからPCで用意するケースも増えています。
しかし、相手方が手書きの場合がありますから、相談すると良いでしょう。
PCで書く場合は明朝体にして、A4またはB5で印刷しましょう。

書く内容

書く内容はシンプルにするパターンと詳細を書くパターンとあります。

〈シンプルにするパターン〉
・氏名
・生年月日
・住所
・現在の仕事
・趣味

恋愛結婚で釣書が必要な場合はこのようなシンプルなものが多いです。
趣味はなくても構いませんが、書いておくと挨拶に行く際に会話が弾みます◎

〈詳細を書くパターン〉
・氏名
・生年月日
・住所
・学歴
・職歴
・現在の勤務先
・資格や趣味
・宗教(あれば)
・病歴(あれば)

宗教や病歴は必ず必要ではありませんが、伝えておくのがマナーです。
また借金などがある場合も、口頭で良いので伝えるようにしましょう。

家族書が必要な場合も*

家族書は顔合わせをする場合に、お互いの紹介を兼ねて用意することが多いです。
最近はこの家族書に変わって「顔合わせのしおり」を用意する新郎新婦が増えています。
書く内容は、氏名・住所・勤務先とシンプルでOKです◎
学歴などを書く人もいますが、基本的には不要です。
また、親族書を用意する場合は、祖父母、兄妹、伯父や叔母などの3親等まで氏名と住所を記載します。

釣書のマナー*

書き方のマナーとして大切なのは、書く内容、書き方などを両家で擦り合わせておくことです。
情報量が違えばどちらかが不快な思いをするかもしれません。
お互いが同じような釣書を用意できるように話し合っておきましょう。
家族書や親族書も同様にどこまでの情報を乗せるのか話し合っておくと良いでしょう。

また、書き損じた場合は一から書き直すようにしましょう。
縦書きで書くのがマナーです。

封筒の書き方*

釣書は3つ折りにして、封筒に入れます。
表書きは「釣書」でOK。
のり付けはしないようにしましょう。
ここまでできたら、もうひと回り大きい封筒に入れます。
これは汚れないようにするためです。
この封筒には表書きは必要ありません。

釣書はいつ渡す??

縁談の場合、仲人や世話人に渡すのが一般的です。
恋愛結婚の場合は、挨拶に伺った際に渡すことが多いです。
また家族書や親族書はその場で渡すのではなく、結納を行うときに渡すのが一般的です。
結納をしない場合は顔合わせの際に渡しましょう。

おわりに*

釣書を用意することが少なくなってきていますが、相手を知るのにとても便利なものです。
会話の取っ掛かりにもなるので、挨拶に行く際や顔合わせの際には良い話のネタになるでしょう。
しかし釣書の捉え方は家庭によって様々であることを念頭においておきましょう。
特に恋愛結婚の場合は、相手が不快に思わないように言葉を選ぶようにしましょう。
また釣書を用意する場合は、情報量を同じにすることがとても大切です。
手書きかPCかということも両家で揃えておくと良いですね。
参考になれば幸いです・・・♡

この記事のeditor

卒花さんだからこその記事が好評。入籍前~挙式後の事まで
全てのプレ花嫁さんに読んで頂きたいお役立ち情報を発信!

関連する投稿


感謝の気持ちが伝わる品物を贈ろう◇結婚祝いのお返し”内祝い”のマナー*

感謝の気持ちが伝わる品物を贈ろう◇結婚祝いのお返し”内祝い”のマナー*

結婚することになり、お祝いを頂くこともあるかと思います。お祝いを頂いたらお返しをするのがマナーとされています*とても大切なことなので、これからお返しを用意する予定ならチェックしておきましょう!


《文例あり》新郎新婦のウェルカムスピーチ*ウエディングスタイルに合わせた文例とは*

《文例あり》新郎新婦のウェルカムスピーチ*ウエディングスタイルに合わせた文例とは*

披露宴の冒頭でゲストに向けて挨拶をするウェルカムスピーチ* 「どんな話をしたら良いのか分からない!」という人が多いです。 そんな人のために、基本的な文章構成とウエディングスタイルに合わせた文例をご紹介♫


妊娠中のお呼ばれ問題*事前準備と当日の注意点をチェックしておこう!

妊娠中のお呼ばれ問題*事前準備と当日の注意点をチェックしておこう!

妊娠中に結婚式に招待されたらどのような対応が望ましいか悩みますよね。 今回の記事では、妊娠中に招待されたらどのように新郎新婦に伝えるか、当日の注意すべきことは何かなど、結婚式を楽しむためのチェック事項をご紹介します♫


友人代表スピーチを頼まれたら♫スピーチの作り方とマナー*素敵なスピーチを新郎新婦に贈ろう*

友人代表スピーチを頼まれたら♫スピーチの作り方とマナー*素敵なスピーチを新郎新婦に贈ろう*

友人代表スピーチを頼まれることは光栄なことですが、文章構成やエピソードを考えるのはとても大変ですよね。 友人代表スピーチは、友人しか知らない素敵な一面をゲストに紹介する大切な場面になるので、マナーを把握し、素敵なスピーチを作りましょう* 新郎新婦の期待に応えられるようなスピーチの作り方をご紹介します♡


大人の常識!!「結婚内祝い」の基本マナー&おすすめギフト♡♡

大人の常識!!「結婚内祝い」の基本マナー&おすすめギフト♡♡

二人の結婚のお祝いで結婚祝いを頂いたら、そのお礼として「結婚内祝い」をお返しするのが基本マナーです。ですが、「どんなものを贈ったらいいのかな?」「いつまでにお返しってしたらいいのかな?」と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。そこで今回の記事では結婚内祝いに関する基本的マナーやおすすめギフトをご紹介していきます♪*。ぜひ参考にしてみてくださいね!



最新の投稿


【イエベ】の花嫁さん必見◎おすすめのカラードレスの色をご紹介

【イエベ】の花嫁さん必見◎おすすめのカラードレスの色をご紹介

自分のパーソナルカラーに合ったものを身に着けることで、顔色が明るく見えたり、写真映りがよくなっ たりすることも。これって…花嫁さんにも必要なことだと思いませんか♡ 特にカラードレス選びでは、「好きな色」や「トレンドカラー」を選びがちですが…たくさん写真に写る機会だからこそ、自分がより魅力的に見えるカラーを選びたいものです。 今回は【イエベ】さん向け!イエベ花嫁さんにおすすめのカラードレスをご紹介していきます◎


前撮りや当日に忘れずに残したい[指輪ショット]のアイデアを集めました♡♡

前撮りや当日に忘れずに残したい[指輪ショット]のアイデアを集めました♡♡

カレにもらった婚約指輪や結婚指輪♡♡ 大切なものだからこそ、プロの手を借りてステキに残してもらいましょう♡♡


結婚式二次会の【幹事さんをお願い】する場合の気を付けておきたい五か条

結婚式二次会の【幹事さんをお願い】する場合の気を付けておきたい五か条

ご友人に「結婚式二次会幹事をお願いしたい」と思ったら、気を付けておきたい五か条を紹介します*


知ってた?ウェディングドレスの素材はシルクが良い理由**

知ってた?ウェディングドレスの素材はシルクが良い理由**

ウェディングドレスに使用される素材はいくつかありますが、定番の高級素材といえばシルクです。シルクは上質とイメージする人も多いと思いますが、なぜシルクが良いのか分からない人も多いですよね。


披露宴会場をおしゃれにコーディネートしたい!装花で“高見え”を叶える方法♡*

披露宴会場をおしゃれにコーディネートしたい!装花で“高見え”を叶える方法♡*

披露宴会場を華やかでおしゃれに飾りたいと思うけれど、費用が上がるのがこわいと思う花嫁さんが多いと思います。装花はとことんこだわると費用が高くなりがちです。。。けれども、合わせる小物やアレンジ次第でおしゃれに見せることができます◎


Strawberry ranking


>>総合人気ランキング