ファーストミートをするなら撮っておきたいベストショット♡感動の瞬間を思い出に*

ファーストミートをするなら撮っておきたいベストショット♡感動の瞬間を思い出に*

ファーストミートの演出に憧れる花嫁は多いですよね* 今はドレス選びからパートナーと一緒に行う人が多いですが、結婚式当日にお披露目をする緊張感やワクワク感は新郎新婦にとっても忘れられない思い出深い瞬間となります。 ファーストミートは当日の結婚式場で行うため、大切な瞬間をカメラマンにお願いすることが可能です* どんな瞬間を切り取るか、どんなシーンを取ってもらうか、感動的な瞬間をカメラに収めましょう♫


ファーストミートの演出とは*

ファーストミートは海外ではファーストルックと呼ばれている一般的な演出で、結婚式が始まる前に美しくなった花嫁を見ることで幸せになれるというジンクスが始まりだと言われています◎
結婚式当日に初めて花嫁のドレス姿を見るため、感極まって泣いてしまう新郎も*
その瞬間はとてもロマンチックで、新郎新婦が築いてきた絆や愛情が垣間見えるシーンでもあります。

演出方法はどうするの??

ファーストミートの演出を行いたい場合はプランナーに相談しておく必要があります◎
ファーストミートは一般的に挙式前の時間に行いますが、ウエディングドレスではなく、お色直しのカラードレスで行うことも!
再入場前の時間に行うことができます◎
撮って欲しいショットやシーンはカメラマンに指示できるので、前もって伝えておきましょう◎

ファーストミートで撮っておきたいベストショット♡

《花嫁が声をかける前のドキドキシーン♡》

花嫁が声をかける前の緊張の一瞬*
新郎新婦ともにドキドキの瞬間です♡
シーンとした空気の中で、「喜んでもらえるかな?」「びっくりしてくれるかな?」といった新郎新婦の心の声が聞こえてくるような場面*
2人にとって思い出深い瞬間のため写真で残しておくと、この時の心情まで蘇ってきますよ*

花嫁が会場に入場した瞬間のシーンです*
新郎新婦の笑顔が素敵な写真ですね。
後ろを向いてはいけないもどかしさが伝わってくるようなドキドキの瞬間*
花嫁にピントを合わせている構図で、先程とは違い新郎新婦の表情がよく分かるショットに♡
表情から伝わるドキドキ感を収めるのも一つですね♫

こちらは声をかける前に花嫁がカメラ目線になって「シー!」とするシーン*
可愛らしさがあるショットで、前撮り向きな撮り方♡
リアルなドキドキ感とは違い、新郎新婦が楽しんでいる様子を切り取った写真です♡
ファーストミートでは人気のショットです♫

《ファーストミート後は感動的なショットに!》

●お互いに泣いてしまう人が多々!

緊張の瞬間を終えた後、新郎新婦の反応はそれぞれ違います*
明るく笑う人、感極まって泣いてしまう人、笑いに変える人などカップルの関係性によって様々です*
その瞬間はどれもロマンチックで、2人の自然な姿を撮ることができます♡
泣いてしまう人はとても多く、お互いに声をかけ合いながらハグをする人も♡
どのシーンもとても心に残るショットになりますよ*

●新郎ではなく両親に見せるサプライズも*

衣装決めは2人で行いたい、お互いに衣装を見ながら合わせたいという人も多いですよね。
そんな人におすすめのファーストミートが、両親に行う方法です*
一般的には新郎に行いますが、両親に対して行うのも全然OK◎
サプライズで行う人が多く、ご両親にとってもゆっくりと花嫁姿・新郎姿を見ることができるので、大変喜ばれる演出です◎
ここで今まで育ててきてくれた親に感謝の気持ちを伝える人も多く、新郎が手紙を書いてくることも♡
親と子どもの絆を深める感動的なシーンは、しっかりとカメラマンさんに撮っておいてもらうと良いでしょう。

おわりに*

ロマンチックで感動的なシーンが多いファーストミート♡
2人らしい瞬間を撮ることができるので、結婚式当日に撮るようなショットとは違い、自然な様子を撮影することができます♡
また親に対して行うファーストミートも人気が高く、感謝の気持ちを伝えたい、ゆっくりとした時間を持ちたいと考える新郎新婦におすすめです*
素敵なファーストミートの瞬間を写真にたくさん残してくださいね*

この記事のeditor

卒花さんだからこその記事が好評。入籍前~挙式後の事まで
全てのプレ花嫁さんに読んで頂きたいお役立ち情報を発信!

関連する投稿


コロナ渦の結婚式で多くの花嫁さんが【諦めたこと】先輩花嫁さんの代替案もご紹介◎

コロナ渦の結婚式で多くの花嫁さんが【諦めたこと】先輩花嫁さんの代替案もご紹介◎

引き続き猛威を振るうコロナウィルス。私たちも、このウィルスと共存をしながら結婚式を執り行っていく必要がまだまだありそうです。 先輩花嫁さんは、どんな選択をされているのでしょうか? コロナ渦の結婚式で多くの花嫁さんが【諦めたこと】、先輩花嫁さんの【代替案】をご紹介します◎


男泣きは恥ずかしいことじゃない!!披露宴で「新郎の手紙」を読むときに気を付けるポイント◎

男泣きは恥ずかしいことじゃない!!披露宴で「新郎の手紙」を読むときに気を付けるポイント◎

『花嫁の手紙』は、もはや披露宴では定番化していますが、感謝の気持ちを伝えたいのは、新郎さんだって同じなはずじゃ!? そう。手紙を読む演出は花嫁さんだけじゃなく、新郎さんだって披露していいと思わない??最近は、新郎さんも披露宴で”手紙を読む”という方が増えてきています◎


愛犬も大事なゲストの一員♡『リングドッグ』の演出を成功させるポイント★

愛犬も大事なゲストの一員♡『リングドッグ』の演出を成功させるポイント★

愛犬家の花嫁さんは\絶対取り入れたい!/挙式で、愛犬に指輪を運んできてもらう演出『リングドッグ』今回は『リングドッグ』の演出を取り入れる際の注意点と成功させる秘訣をご紹介していきます♪♪


披露宴でのお誕生日サプライズ演出のBGMに使いたい♡♡バースデーソング集2021♪

披露宴でのお誕生日サプライズ演出のBGMに使いたい♡♡バースデーソング集2021♪

結婚式当日付近の日にちに、誕生日を迎えるゲストがいてパーティー中に\お祝いしたい♡/という花嫁さん*結婚式でのバースデーサプライズに使いたいBGM集をご紹介します♪イメージする雰囲気やサプライズの内容またターゲットによって、曲調や歌詞にも注目して選んでみてください◎


ゲストの感情に触れる挙式前の感動演出【レターセレモニー】を取り入れたい♡♡

ゲストの感情に触れる挙式前の感動演出【レターセレモニー】を取り入れたい♡♡

挙式前に行う”手紙”を使った演出、【レターセレモニー】って知ってる??♡ <おもてなし>重視の花嫁さんから注目されている演出のひとつです◎



最新の投稿


お二人らしいウェディングフォトに**撮影小物は好きなモノ・コトにまつわるアイテムを♡♡

お二人らしいウェディングフォトに**撮影小物は好きなモノ・コトにまつわるアイテムを♡♡

前撮りや後撮りなどの撮影小物に趣味グッズやお好きなアイテムを用意しませんか?♡二人にとってゆかりのある小物と一緒だと自然と笑顔になれちゃうかも…*お二人らしさを表すことができるので、ぜひこんなアイテムを用意してみては?


蔦のように伸びる長いブーケを発見★韓国ウェディングの投稿から見つけた斬新ブーケをお届け♪

蔦のように伸びる長いブーケを発見★韓国ウェディングの投稿から見つけた斬新ブーケをお届け♪

韓国のウェディングアカウントの投稿で見つけたこんなブーケ♡ 縦のラインが強調されるスタイリッシュなデザインの新しいブーケです。“お花を束ねて手で持つ本来のブーケの形”の概念を覆される、自由度の高いブーケは・・さすが韓国です◇他の花嫁さんとは一味違ったスタイリッシュな花嫁になりたいときは・・こんなブーケはいかがでしょうか?*


花嫁ヘアは万能ポニーテールで♡*結ぶ位置はどうする?*

花嫁ヘアは万能ポニーテールで♡*結ぶ位置はどうする?*

こなれた雰囲気のポニーテール**最近ではインスタでもおしゃれなポニーテルアレンジを見かけますよね!ポニーテールは、好感度の高いヘアアレンジで年齢を問わず人気です。また、シンプルですがちょっとアレンジを加えるだけでイメージを変えられます。花嫁さんのヘアスタイルとしても選ばれていますよね*そんなポニーテールですが、結ぶ位置で印象が変わりますが、あなたはどっちがお好みですか?♡


前撮りでも大活躍♡♡結婚式や前撮りにも使えるウェディングアイテムをご紹介**

前撮りでも大活躍♡♡結婚式や前撮りにも使えるウェディングアイテムをご紹介**

結婚式の日程が決まると、『あれも用意したい!』『こんな結婚式にしたい!』とワクワクした気持ちになりますよね♪最近では新型コロナウイルスの影響もあってなかなか思い通りにスケジュールが進まないこともあるみたいで、小物アイテムをあえて用意しないというカップルさんたちもいるようです。ですが、結婚式の日程調整は難しいものの、前撮りは予定通りに・・・というパターンも増えているようで、なかには結婚式をしないかわりに何度も前撮り撮影などを行うという人も増えているんだとか。そこで今回の記事では結婚式当日はもちろんですが、前撮り撮影などでも大活躍する可愛いウェディングアイテムをご紹介していきます♡ぜひ結婚式や撮影の参考にしてみてくださいね**


夏の前撮りには海辺ショットが最適◎1日中楽しめる海辺のオススメショット特集♡

夏の前撮りには海辺ショットが最適◎1日中楽しめる海辺のオススメショット特集♡

夏の前撮りに、海辺での撮影を選ぶ新郎新婦が多いです* 夏らしさを演出でき、朝から晩までどの時間を選んでも素敵なショットを撮ることができることが大きな魅力♡ どんなショットを撮影するか悩んでいる人、夏の前撮りで暑過ぎないか心配している人に素敵なショットをご紹介します*


Strawberry ranking


>>総合人気ランキング